MENU

女性特有の腰痛−生理時・妊娠中・産後の腰痛

腰痛持ちの女性

生理時の腰痛

生理になると、お腹の痛みとともに腰痛に悩まされるという女性がたくさんいらっしゃいます。腰が抜けるようなだる重い痛みで、立ったり歩いたりするのも辛いという人もいるようです。

 

生理時に腰痛になるのは、生理の時に分泌されるホルモンの影響で骨盤がうっ血したり、生理中には骨盤が広がることで腰に負担がかかりやすくなるためだと考えられています。

 

対処法としてはお風呂で体を温める、カイロを腰に当てて血行を促進する、ツボを刺激する、コルセットを付けるなどがあります。

 

ただし、腰痛がひどい場合には、『子宮内膜症』『月経困難症』『卵巣膿腫』など、婦人科の病気が疑われることもあります。生活に困難をきたすほどの腰痛がある場合には、婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠中の腰痛

妊娠中には、分泌されるホルモンの影響で骨盤周りの靭帯や筋肉がゆるみます。さらに胎児が成長し、臨月になれば5kgにもなる子宮の重さで背骨のカーブがきつくなり、腰が大きく反るようになります。

 

こうしたことから妊婦さんは腰に大きな負担がかかり、とても腰痛が起こりやすい状態になっているのです。妊娠中に腰痛になってしまうと産後も続くことがあるので、早い時期から腰痛を予防することが大切です。

 

予防法としては、まず適度な運動で肥満を予防し、筋力を落とさないようにすることが大切です。ウォーキングやヨガなどの他、水の浮力で腰への負担が軽くなる水中運動がおすすめです。

 

日常生活では重いものを持つのは避けるようにしましょう。上の子どもがいて抱き上げる時には、腕の力だけで抱こうとせず、膝を曲げて腰を落とし、子どもを引き寄せてから抱き上げるようにします。

 

もし腰痛が起こってしまったら、腹帯や骨盤ベルトを付けて骨盤を正しい位置に保つことで改善されることがあります。

 

また腰の痛みが強い場合は無理に動かず安静にしましょう。妊娠初期なら膝の下に枕などを入れ、ひざを立てるようにして仰向けに、妊娠中期以降は横向きになり、背中を丸めるようにして寝ましょう。

産後の腰痛

妊娠中に腰痛が起きた人は、産後も続くことがあります。通常は産後半年程度で治まると言われていますが、さらに長引く場合もあるようです。

 

骨盤ベルトは産後も腰痛を抑えるのに有効です。骨盤ベルトを付けても腰痛が治まらない場合は医師に相談しましょう。

 

子供を抱き上げる場合の注意事項は上で述べたとおりですが、おむつの交換は中腰の姿勢では行わないようにしましょう。

 

また、腹筋を強化する筋力トレーニングやストレッチで体力をつけることも大切です。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ