MENU

脊椎腫瘍ってどんな病気?

腰痛持ちの女性

 

背骨にできる腫瘍のことを脊椎腫瘍と言います。脊椎そのものから発生する原発性の腫瘍と、他の部位のガン(悪性腫瘍)が転移した転移性の腫瘍があります。転移を起こすガンとしては、肺がん、前立腺がん、乳がん、子宮がんなどが多く見られます。

 

主な症状は腰や背中の重だるさや痛み・脚のしびれなどですが、次第に痛みが強くなり、寝ていても痛くなるのが特徴です。腫瘍が大きくなってくると筋力低下や麻痺、排泄障害などが起こります。

 

良性腫瘍の場合は、麻痺などの症状が見られなければ、定期的に診察・検査をしながら経過を観察していきます。悪性腫瘍の場合は、転移の元になっているガンの治療と連携して治療を進めていきます。

脊髄腫瘍ってどんな病気?

背骨(脊柱)に沿って走る脊柱管の中の、脊髄神経やそれに続く馬尾神経に腫瘍ができる病気を脊髄腫瘍と呼びます。上に述べた脊椎腫瘍は、ガンの転移など、悪性のものも多くありますが、脊髄にできる腫瘍の多くは良性のものです。

 

良性とは言っても、腫瘍によって脊髄神経が障害を受けると回復が困難になる場合があるので、早期発見・治療が望まれます。

 

症状は腰の痛みやしびれで、腫瘍が小さいうちはあまり自覚症状もありませんが、腫瘍が大きくなるにつれて痛みやしびれが強くなります。寝ているときや安静にしていても痛みがあったり、痛む場所が移動するような時は悪性腫瘍が疑われます。

 

良性のものでも腫瘍が大きくなって症状が悪化していくので、早期に手術によって腫瘍を摘出するのが一般的です。

結核性脊椎炎(脊椎カリエス)ってどんな病気?

通常は肺に感染して肺結核を起こす結核菌が、脊椎に感染したものが結核性脊椎炎(脊椎カリエス)です。衛生状態が良くなかった時代に肺結核にかかった人が、高齢になって抵抗力が落ち、体内に潜んでいた結核菌が発症するケースが増えています。

 

体を動かすと腰が痛い、前かがみの姿勢がとりにくいなどの自覚症状の他に、微熱が続くこともあります。また寝ているときに痛みが強まる傾向があります。

 

治療は結核予防法に則って行われます。基本は抗結核剤などによる薬物療法ですが、症状によっては病巣を除去する手術が行われることもあります。

まとめ

  • 脊椎腫瘍は背骨にできる腫瘍、脊髄腫瘍は背骨に沿って走る神経にできる腫瘍。どちらも良性のものと悪性のもの(ガン)がある。
  • 結核性脊椎炎(脊椎カリエス)は結核菌が脊椎に感染しておこるもの。
  • すべて安静時にも痛みがあるのが特徴。早期発見・早期治療が望ましい。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。