MENU

ストレスを解消して腰痛を改善・予防しましょう!

ストレスを感じている女性

 

最近の研究では、ストレスが腰痛の大きな原因になることが分かってきています。ストレスそのものが腰痛を引き起こすこともあるし、また、椎間板ヘルニアなどによる腰痛を、ストレスが増幅したり、治りにくくしたりすることもあります。

 

腰痛を訴える人の中には、不安を鎮める抗不安薬や、気分を明るくする抗うつ薬で腰痛が良くなる人もいます。また、腰痛治療の方法として、心理療法のひとつである『認知行動療法』が注目されています。

 

腰痛の改善と予防のためには、ストレスの解消が重要なポイントになってくるんですね。

ストレス解消のコツ

趣味の時間を楽しむ

音楽鑑賞や映画鑑賞、読書など、自分は何をしているときが楽しいのか、何をしているとリラックスできるのかを考え、趣味の時間を楽しむようにしましょう。

 

軽い運動

仲間と一緒に行うスポーツや、ウォーキング、ストレッチや軽い筋力トレーニングなどの腰痛体操もストレス解消に効果的です。日常生活の中に、適度に体を動かす時間を取り入れていきましょう。

 

入浴を楽しむ

入浴は血行を良くし、腰痛改善にも効果的です。入浴をシャワーですまさず、ゆっくりと湯船につかって心身の疲れを癒しましょう。

 

良質な睡眠を

睡眠不足が続くとストレスも蓄積されます。忙しい時でも1日7時間程度の睡眠を心がけましょう。

 

就寝の2時間ほど前に入浴すると眠りにつきやすくなります。また、就寝前に軽いストレッチを行うことも、良質な睡眠を得るためには効果的です。

 

笑う機会を増やす

『笑う門には福来る』のことわざは、科学的にも正しいものであることが、国内外の研究で分かってきています。大声で笑うことで交感神経の緊張がやわらぎ、ストレス解消や免疫力の強化にも役立ちます。

 

友人との楽しい会話の時間を積極的に作ったり、漫才や落語、お笑い番組などを見ることで、大いに笑いましょう。

 

週末はプチ旅行に

1週間に1度は生活環境を変えるのもストレス解消には有効です。近くの温泉に行くも良し、美術館巡りをするもよし、知らない街並みを歩くのも良しです。

 

認知行動療法について

近年、腰痛治療の方法として、心理療法のひとつである認知行動療法が有効であることが認められています。

 

『腰痛があるから○○ができない』という後ろ向きの考え方(認知)を、『腰痛があっても△△はできた』と前向きにとらえることで、腰痛に対する対処の仕方(行動)を変え、ひいては腰痛そのものを治していく治療法です。

 

物事を悪い方に考える傾向がある人は、治療の選択肢の一つとして医師と相談してみてもよいのではないでしょうか。

 

『予約殺到!!スゴ腕の専門外来SP!6』で紹介された腰痛治療法

スポンサードリンク

関連ページ

生活上のポイント
腰痛の改善・予防のために日常生活の中で注意すべき、正しい姿勢、歩き方や座り方、家事を行う時の注意点、荷物の持ち方、寝る時の姿勢など、生活上のポイントをご紹介します。
腰への負担が大きい職業
長時間のデスクワークや長時間の立ち仕事、タクシードライバーや長期離ドライバー、運送業者、農業従事者、介護職・看護職等の、腰への負担がおおきい職業で、腰痛を改善・予防するポイントをご紹介します。
肥満解消
腰痛を引き起こす大きな原因のひとつである肥満を解消して腰痛を改善・予防しましょう。肥満を解消するための生活上のポイント、食生活のポイントをご紹介します。
腰痛解消グッズ
腰痛の改善・予防をサポートする靴、イス、寝具(高反発マットレス)等のグッズをご紹介します。