MENU

変形性脊椎症ってどんな病気?

変形性脊椎症

 

変形性脊椎症とは加齢によって背骨(脊椎)を形作っている椎骨や椎間板などが変形し、それが原因で腰痛などの症状が出ている状態のことを指しています。

 

背骨が変形することは骨の老化現象であり、それ自体は病気とは呼べませんが、変形した骨が周囲の神経を刺激することで、腰の痛みや脚のしびれなどが生じてきます。

 

変形が腰椎で起きた場合には変形性腰椎症と呼ばれます。女性よりも男性に多く発症し、前かがみや中腰で仕事をしたりする人、肥満の人などに多く見られます。

原因

背骨の老化があらわれやすいのは椎間板です。椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッションの役割を果たしていますが、椎間板の中心部にある水分を含んだゼリー状の髄核が、老化によって水分が減少してつぶれてしまうことで、椎骨同士がぶつかるようになります。

 

椎骨がぶつかり合うことで骨の形成が異常に促され、骨棘と呼ばれる骨の突起ができ、これが神経を圧迫することで症状が出ます。

 

また椎骨も老化によって変形します。背骨が変形することで周囲の筋肉や靭帯などに負担がかかり、筋肉疲労による腰痛などを引き起こします。

症状

背骨が変形すると背が低くなったり、体が左右どちらかに傾く、前かがみの姿勢になるなどの変化があらわれます。

 

変形性脊椎症の痛みの特徴として、動き始めに強く痛み、動いているうちに痛みが軽くなるということがあげられます。このため、朝目覚めて布団から起き上がるときなどに痛みを強く感じ、しばらく動いているうちに痛みを感じなくなるということがあります。また背中を反らせると痛みが強くなります。

 

さらに症状が進むと脊柱管を圧迫して脊柱管狭窄症に移行することもあり、間欠跛行や排泄障害が生じることもあります。

治し方

病院での治療

痛みやしびれの症状に応じてレントゲン検査やMRI検査などを行います。

 

治療の基本は保存療法です。痛みを和らげる非ステロイド性消炎鎮痛薬などによる薬物療法や、痛みが強い場合には神経ブロックを行うこともあります。またコルセットの装用、牽引療法なども行われます。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

ただし、脚にしびれや痛みがある、排尿・排便障害などが見られる場合は、手術も検討されます。

自宅での改善・予防法

ストレッチで筋肉や靭帯を柔軟にするようにし、日常生活では腰に悪い姿勢や動作などに注意しましょう。

 

腰痛がある場合には温湿布で温めたり、入浴で腰を温めることで痛みがやわらぎます。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

変形性脊椎症とは加齢によって背骨が変形する骨の老化現象。
椎間板や椎骨が変形し、周囲の神経を圧迫したり、筋肉疲労を起こすことで腰痛などの症状が現れる。
朝、布団から起き上がる時のように、動き始めに強く痛み、動いているうちに痛みがやわらぐのが特徴。また背中を反らせると強く痛む。
治療の基本は薬物療法などの保存療法。
日常生活では姿勢や動作に気を付け、ストレッチで筋肉や靭帯を柔軟にする。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。