MENU

腰痛の原因となる背骨の病気

腰痛の原因となる病気のうち、腰椎や椎間板など、背骨に関する病気をご紹介します。

腰痛の原因となる背骨の病気 記事一覧

体のある組織が、本来あるべき位置からはみ出してしまうことを、『ヘルニア』と呼びます。背骨(脊柱)は椎骨という小さな骨の単位が縦に積み重なってできています。その椎骨と椎骨の間にあって、クッションの役割を果たしているのが椎間板です。椎間板の中心部には『髄核』という、弾力に富んだゼリー状の組織があり、その周りを『線維輪』という丈夫な組織が取り囲んでいます。ところが、年をとる事によって髄核の弾力性が低下し...

背骨(脊柱)には『脊柱管』と呼ばれる細長い空洞があり、その中を脊髄や馬尾、神経根といった神経が通っています。何らかの原因で脊柱管が狭くなり、中を通っている神経や周囲の神経根を圧迫することで、痛みやしびれといった症状が現れた状態を脊柱管狭窄症と言います。そして、この脊柱管狭窄症が腰の部分で起こったものを、腰部脊柱管狭窄症と呼んでいます。腰椎椎間板ヘルニアが比較的若い世代にも起こるのに対し、腰部脊柱管...

背骨(脊柱)の中でも特に腰の部分にあたる腰椎には、体の要である腰を支えるために大きな負担がかかります。このため、長期間の肉体労働や老化の影響を受けやすいのが腰椎なのです。腰椎は5つの椎骨と、椎骨と椎骨の間のクッションの役割を果たす椎間板から成り立っていますが、長年の負担や老化によって変化(変性)が起きやすいのが椎間板です。椎間板は中心部に水分を含んだゼリー状の柔らかい『髄核』があり、その周囲を丈夫...

腰椎は5つの椎骨と椎間板が連なってできていますが、そのうちの一部の椎骨が前後にずれてしまい、神経を圧迫して腰痛や脚のしびれなどの症状を引き起こしている状態が腰椎変性すべり症です。特に第4腰椎が前方にずれて発症することが多く、病気が進行すると脊柱管を圧迫するため、脊柱管狭窄症の症状を伴うようになります。腰椎変性すべり症は中高年に多くみられますが、激しい運動などで腰椎が疲労骨折することで起こる腰椎分離...

変形性脊椎症とは加齢によって背骨(脊椎)を形作っている椎骨や椎間板などが変形し、それが原因で腰痛などの症状が出ている状態のことを指しています。背骨が変形することは骨の老化現象であり、それ自体は病気とは呼べませんが、変形した骨が周囲の神経を刺激することで、腰の痛みや脚のしびれなどが生じてきます。変形が腰椎で起きた場合には変形性腰椎症と呼ばれます。女性よりも男性に多く発症し、前かがみや中腰で仕事をした...

骨粗しょう症とは、加齢によって骨の密度が低下し、骨の中がスカスカになってしまう病気です。社会の高齢化に伴って増えていますが、特に閉経後の女性に多く見られます。骨粗しょう症そのものには自覚症状はありませんが、骨がスカスカになるとちょっとしたことで骨折しやすくなります。尻もちをついたりすることで背骨の椎体が押しつぶされる『圧迫骨折』が起こると、腰に激しい痛みが生じたり、しばらくたってから強い腰痛があら...

背骨にできる腫瘍のことを脊椎腫瘍と言います。脊椎そのものから発生する原発性の腫瘍と、他の部位のガン(悪性腫瘍)が転移した転移性の腫瘍があります。転移を起こすガンとしては、肺がん、前立腺がん、乳がん、子宮がんなどが多く見られます。主な症状は腰や背中の重だるさや痛み・脚のしびれなどですが、次第に痛みが強くなり、寝ていても痛くなるのが特徴です。腫瘍が大きくなってくると筋力低下や麻痺、排泄障害などが起こり...

坐骨神経痛とは腰痛を引き起こす原因となる何らかの病気があり、それによって坐骨神経が障害されることで起こる、お尻や太もも・ふくらはぎなど、足の裏側の痛みやしびれのことを言います。坐骨神経痛を引き起こしている原因となる病名が特定できる場合は、『坐骨神経痛』というのはその原因となる病気の症状を表すものとなり、原因がはっきりと特定できない場合には、『坐骨神経痛』が病名ということになります。原因坐骨神経痛の...