MENU

座っているとつらい腰痛に効果があるツボをご紹介!

座っているとつらい腰痛の改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。

 

ここでご紹介する『陰陵泉』『三陰交』『太白』の3つのツボは、長時間のデスクワークが多い人にオススメのツボです。仕事中のちょっとした時間を見つけて押すこともできます。

陰陵泉(いんりょうせん)

膝の内側のツボ

『陰陵泉』は膝の内側にあるツボで、血流を改善して腰痛を改善する効果があるほか、冷えやむくみの解消にも効果があります。

 

ツボの位置

親指を内くるぶしに当て、そこからすねの骨に沿うように膝の方に滑らせます。膝下の内側ですねの骨が膨らみ始める部分が陰陵泉です。

 

指圧の仕方

ツボと同じ側の手で、膝からすねをつかむようにしながら親指で押します。息を吐きながら5秒間押し、息を吸いながら3秒で戻しましょう。これを7〜8回繰り返します。

 

こんな感じがすればOK

押すと膝全体に痛みが響きます。

 

三陰交(さんいんこう)

ふくらはぎの内側のツボ

『三陰交』はふくらはぎ内側にあるツボで、腰痛改善のほか、生理不順や更年期障害などの女性の悩みにも効果があります。

 

ツボの位置

内くるぶしの一番高いところから指四本分上の、すねの骨の内側の際の部分です。

 

指圧の仕方

ツボと同じ側の手で、足首からふくらはぎをつかむようにしながら親指で押します。息を吐きながら5秒間押し、息を吸いながら3秒で戻します。7〜8回繰り返しましょう。

 

こんな感じがすればOK

押すと強めの痛みを感じます。

 

太白(たいはく)

足の親指の付け根のツボ

『太白』は足の甲と足裏の境にあるツボで、腰痛改善のほか、便秘、下痢、食欲不振といった胃腸のトラブルにも効果があります。

 

ツボの位置

足の親指の付け根の大きな関節の後ろにあるくぼみの部分。

 

指圧の仕方

ツボと同じ側の手で、足をつかむようにしながら親指で押します。息を吐きながら5秒間押し、息を吸いながら3秒で戻しましょう。これを7〜8回繰り返します。

 

こんな感じがすればOK

押すとツーンとした痛みを感じます。

スポンサードリンク

関連ページ

立っているとつらい腰痛に効くツボ
ツボ押しで腰痛を改善・予防しましょう。立っているとつらい腰痛の改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。
歩くとつらい腰痛に効くツボ
ツボ押しで腰痛を改善・予防しましょう。歩くとつらい腰痛の改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。
心因性の腰痛に効くツボ
ツボ押しで腰痛を改善・予防しましょう。ストレス解消、心因性の腰痛の改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。
腰痛全般に効くツボ
ツボ押しで腰痛を改善・予防しましょう。腰痛全般の改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。
ぎっくり腰に効くツボ
ツボ押しで腰痛を改善・予防しましょう。ぎっくり腰の痛みの改善・予防に効果のあるツボを図解入りでご紹介します。