MENU

坐骨神経痛(足のしびれ)

坐骨神経痛の男性

 

坐骨神経痛とは腰痛を引き起こす原因となる何らかの病気があり、それによって坐骨神経が障害されることで起こる、お尻や太もも・ふくらはぎなど、足の裏側の痛みやしびれのことを言います。

 

坐骨神経痛を引き起こしている原因となる病名が特定できる場合は、『坐骨神経痛』というのはその原因となる病気の症状を表すものとなり、原因がはっきりと特定できない場合には、『坐骨神経痛』が病名ということになります。

 

坐骨神経痛に飲んで効く医薬品『グルコンEX錠プラス』

 

原因

坐骨神経痛の原因としては、『腰椎椎間板ヘルニア』と『腰部脊柱管狭窄症』が多くを占めています。

 

比較的若い年代に多い病気が腰椎椎間板ヘルニアで、腰を前に曲げた時に痛みが強まる、痛みの出ている方の足を上げると痛みが強まるといった特徴があります。

 

逆に、比較的中高年の世代に多く見られる病気が腰部脊柱管狭窄症です。こちらは腰を反らせる動作をしたときに痛みが強まること、長い距離が歩けない間欠跛行があることが特徴です。

 

どちらの場合も、腰椎の変性・変形によって坐骨神経が圧迫されることで坐骨神経痛が引き起こされます。

 

症状

腰からお尻、太もも・ふくらはぎの裏側、足裏にかけて強い痛みやしびれが生じます。症状が進むと足に力が入らなくなることもあります。歩く、立ち上がるなどの動作をしたときに痛みが強まる特徴があります。

 

治療法

治療は坐骨神経痛を起こす原因となっている病気を治療することになります。基本的には非ステロイド性消炎鎮痛薬、神経ブロック療法などの薬物療法、牽引や温熱療法などの理学療法などが行われ、必要に応じて手術が検討されます。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

予防・改善法

治療によって痛みが落ち着いてきたら、腹筋や背筋などの腰を支える筋肉の筋力アップをはかる腰痛体操や、腰の筋肉を柔らかくするストレッチを行いましょう。

 

日常生活では腰に負担をかける姿勢や動作に注意し、肥満やストレスの解消、身体を温める、禁煙などが大切です。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

  • 坐骨神経痛とは、坐骨神経が障害されることで起こる足の裏側の痛み・しびれのことを言う。
  • 主な原因は『腰椎椎間板ヘルニア』と『腰部脊柱管狭窄症』で、お尻、太もも・ふくらはぎの裏側、足裏にかけて痛みやしびれが生じる。
  • 薬物療法などによって坐骨神経が障害される原因となっている腰椎の病気を治療する。
  • 予防・改善のためには、腰痛体操、ストレッチ、肥満やストレスの解消、体を温める、禁煙などが大切。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。