MENU

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症

 

骨粗しょう症とは、加齢によって骨の密度が低下し、骨の中がスカスカになってしまう病気です。社会の高齢化に伴って増えていますが、特に閉経後の女性に多く見られます。

 

骨粗しょう症そのものには自覚症状はありませんが、骨がスカスカになるとちょっとしたことで骨折しやすくなります。

 

尻もちをついたりすることで背骨の椎体が押しつぶされる『圧迫骨折』が起こると、腰に激しい痛みが生じたり、しばらくたってから強い腰痛があらわれたりします。

 

高齢者が骨粗しょう症による圧迫骨折を起こすと、そのまま寝たきりになったり認知症になったりすることもあるので注意が必要です。

原因

骨は破骨細胞という骨を壊す細胞が骨を溶かす『骨吸収』と、骨芽細胞という骨を作る細胞が新しい骨を生む『骨形成』によって、常に新陳代謝を行っています。

 

加齢によってこの骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨を作る働きよりも骨を壊す働きの方が勝ることで骨粗しょう症が起こります。

 

閉経後の女性に骨粗しょう症が多いのは、女性ホルモンの中のエストロゲンという成分が深くかかわっていると考えられています。

 

エストロゲンは骨の新陳代謝の中で、骨吸収を抑制する働きをしますが、閉経でエストロゲンが激減することによって骨吸収のスピードが増し、骨の新陳代謝のバランスが崩れてしまうのです。

 

また、骨形成の段階ではカルシウムが骨に吸着して新しい骨を生みますが、運動不足になるとカルシウムが骨に定着しにくくなります。運動不足も骨粗しょう症の原因のひとつです。

 

この他、偏食の多い人、タバコを吸っている人、大量のお酒を飲む人も骨粗しょう症になりやすいです。

症状

転んだりした後に腰や背中に強い痛みが起こったり、少し経ってから痛みが起こったりします。特に思い当たることもないのに、突然背中や腰に激しい痛みが起こることもあります。

 

また、背中を反らすと痛い、朝、起きた時に背中や腰が痛む、寝返りを打つと痛い、仰向けに寝ることができない、背中が丸くなってくる、背が低くなるなどの症状があります。

治し方

病院での治療

骨粗しょう症の診断にはレントゲン検査、骨量測定、血液・尿検査などが行われます。

 

圧迫骨折による痛みがある場合は、まずは安静にして非ステロイド性消炎鎮痛薬や神経ブロック注射などで痛みを和らげます。また骨の破壊を抑えるビスフォスフォネート製剤や骨の形成に必要なカルシウム製剤などを併用することもあります。

 

コルセットを装用することもありますが、長くても2ヶ月程度で、痛みが軽減してきたら積極的に体を動かし、寝たきりにならないようにリハビリを行います。

 

こうした保存療法を行っても痛みが軽減しない場合や、背骨の変形がすすむ場合には手術も検討されます。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

自宅での改善・予防法

家庭での治療の基本は食事療法と運動療法です。

 

食事療法では、偏食をなくし、栄養バランスの良い食事を心がけることが一番です。特にカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンDが不足しないように、乳製品、大豆製品、小魚類などのカルシウムが多く含まれる食品と、鮭、サバ、マグロ、イワシ、生シイタケなどのビタミンDが多く含まれる食品を摂りましょう。

 

運動は骨に適度な刺激を与え、骨の形成を助ける働きがあります。また日光に当たるとビタミンDの体内合成が促進されるので、屋外をウォーキングや散歩すると一石二鳥の効果が期待されます。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

骨粗しょう症とは、加齢によって骨がスカスカになり、ちょっとしたことで背骨が圧迫骨折などを起こして腰痛などの症状が出ること。
閉経による女性ホルモンの激減、運動不足、偏食、喫煙、飲酒などが原因。
尻もちをついたりした後に腰や背中に強い痛みが起こる。背中を反らすと痛い、朝起きた時に背中や腰が痛い、寝返りが打てない、仰向けに寝られない、身長が低くなる、背中が丸くなるなどの症状がある。
治療の基本は保存療法。圧迫骨折直後は安静にするが、痛みが軽減したら体を動かすようにする。
自宅では偏食のない栄養バランスのとれた食事と適度な運動をする。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。