MENU

椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症等の手術ってどんなもの?

手術室

 

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症等、背骨の病気が原因の腰痛で病院にかかり、薬や理学療法などの保存療法を行いながら経過を観察しても症状に改善が見られない場合、また、これらの病気で排尿・排便障害や脚に麻痺が見られるなど、重大な神経障害が見られる場合には、外科的療法=手術が検討されることになります。

腰椎椎間板ヘルニアの手術

腰椎椎間板ヘルニアの手術は、椎間板から飛び出した髄核(ヘルニア)を切除して、ヘルニアによる神経への圧迫を取り除く手術になります。

 

全身麻酔をかけて背中を切開して行うラブ法(椎間板ヘルニア摘出術)のほか、体への負担がより少ない内視鏡下での手術なども行われます。

ラブ法(椎間板ヘルニア摘出術)

全身麻酔をかけ、背中を5cmほど切開して行われます。腰椎の一部を切除した後、はみ出しているヘルニアを摘出します。

 

最も適用範囲が広く、また、手術後に痛みがおさまる率も高い手術です。手術時間は1時間以内。術後は2〜3日の安静の後リハビリテーションを行い、2〜3週間で退院になります。

内視鏡下髄核摘出術

内視鏡を見ながらヘルニアを摘出する手術です。全身麻酔をかけ、背中を1.5cmほど切開して内視鏡と外筒管という管を挿入し、内視鏡の映像をモニターで見ながらヘルニアを摘出します。

 

ラブ法に比べて切開範囲が狭いので、術後の痛みが軽く、傷跡も小さくなり、また、健康保険も適用されます。

経皮的髄核摘出術

局所麻酔をかけ、背中から直径3〜4mmの管を椎間板に刺し、その管に鉗子を入れて髄核の一部を摘出します。髄核を摘出することで椎間板の中の圧力が下がり、ヘルニアが引っ込んで神経への圧迫が軽くなります。

 

健康保険適用ですが、経皮的髄核摘出術が適応となる症例には、様々な条件がそろう必要があります。

YAGレーザー椎間板減圧治療

レーザーの照射によって髄核を焼き切り、椎間板の中の圧力を下げて、ヘルニアによる神経への圧迫を軽くする手術です。

 

背中から1〜2mmほどのレーザーファイバーを刺し、椎間板の中の髄核に高出力のレーザー(YAGレーザー)を照射して髄核を焼き切ります。

 

皮膚に傷をつけない手術ですが、治療効果、再発のリスク等、まだ評価が定まっていません。また、健康保険の適用はありません。

椎弓切除術(脊柱管狭窄症の手術)

脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通る神経が圧迫されている場合に、脊柱管を圧迫している部分の椎弓(椎骨の背中側の部分)を切り取る手術です。

 

全身麻酔をかけて狭窄部分に近い背中を切開し、脊柱管を圧迫している椎弓を取り除きます。腰椎変性すべり症がある場合は、椎弓を取り除いた後に脊椎固定術を行う場合もあります。手術時間は椎弓を取り除く範囲によって異なります。

脊椎固定術(腰椎変性すべり症の手術)

腰椎変性すべり症、腰椎分離症などがある場合に、すべってずれている椎骨を正しい位置に戻し、椎体スクリュー(ねじ)とロッド(棒)で固定する手術です。

 

椎骨が正しい位置に固定されることで、椎骨がずれることによる神経の圧迫が緩和されます。手術時間は4時間程度です。

椎体形成術(圧迫骨折の手術)

骨粗しょう症などによって圧迫骨折した椎体に、医療用セメントを入れて椎体の形を復元する手術です。

 

圧迫骨折している椎体にバルーンを入れて膨らませ、そこに医療用セメントを注入して固めます。手術時間は1時間程度です。

スポンサードリンク

関連ページ

受診科とタイミング
腰痛がある場合、病院に行くべきかどうかの判断にはどんな目安があるのでしょうか。また腰痛で病院にかかる場合、何科を受診すればよいのでしょうか。
腰痛治療の薬
腰痛で病院を受診したときに処方される痛み止めの薬や湿布は、どのようなもので、どのような効果や副作用があるのでしょうか。また薬局で購入できる市販薬にはどのようなものがあるのでしょうか。
神経ブロック療法(注射)
注射によって腰痛の痛みをとる神経ブロック療法についてご紹介します。薬物療法や理学療法などでも痛みが軽減されない場合に神経ブロック療法が検討されます。
コルセット
強い腰痛がある時など、物理療法のひとつとしてコルセットを装着することがあります。腰痛コルセットの効果や種類、価格等をご紹介します。