MENU

【原因不明の腰痛】非特異的腰痛を引き起こす要因とは?

原因不明の腰痛

 

腰痛を訴える人の実に85%が、検査を行っても骨などに異常が見られない、いわゆる“原因不明の腰痛”=『非特異的腰痛』(腰痛症・慢性腰痛)であると言われています。

 

もちろん、“原因不明”というのは、骨などに異常が見られないという意味であって、筋肉のこりや血行不良などといった、腰痛を招く原因は当然、存在します。

 

少し変な日本語になりますが、ここでは、“原因不明の腰痛”の原因、つまり、『非特異的腰痛』(腰痛症・慢性腰痛)の原因についてご紹介します。

 

“原因不明の腰痛”を招く要因、生活習慣とはどういうものなのか?というふうに考えていただければ分かりやすいかと思います。

 

 

悪い姿勢・長時間にわたる同じ姿勢

正しい姿勢

 

立っているときも座っているときも、猫背に代表される背中が丸まった姿勢、逆に背中を反らし過ぎた姿勢は、背骨の自然なS字状カーブの形が崩れるため、上体の重みが分散されず腰への負担が増大し、腰痛の原因となります。

 

また、長時間のデスクワークや、前かがみ姿勢で作業を続けることが多い人、中腰の姿勢になることが多い人、長時間の立ち仕事の人などのように、同じ姿勢を長時間にわたってとり続けることも、腰周辺の筋肉の疲労を招き、腰痛の原因になります。

 

その他、家事や子育て、介護なども、腰への負担が大きい中腰や前かがみの姿勢が多くなるため、腰痛の一因になっています。

 

運動不足・運動のし過ぎ

運動不足の人

 

交通機関が発達して歩くことが少なくなり、仕事もデスクワークが増えて運動不足になった結果、現代人の多くは筋力が低下しています。

 

特に大殿筋や腸腰筋、腹筋・背筋の筋力が衰えると、骨盤と背骨の自然なS字状カーブを維持することができなくなって腰痛を引き起こします。

 

逆にアスリート並の激しい運動をすると、筋肉内で大量の酸素が消費され、その老廃物である疲労物質が筋肉に蓄積してしまいます。蓄積された老廃物が筋肉を硬くし、血行不良を招いた結果、腰痛を引き起こす原因となります。

 

肥 満

肥満の人

 

『肥満は万病のもと』と言われますが、運動不足や食べ過ぎなどが原因の肥満は、特にお腹の周辺に体脂肪がつきやすくなります。

 

お腹に体脂肪がつくと、それがオモリとなって骨盤が前傾し、腰椎も大きく前に反って、背骨の自然なS字状カープの形が失われてしまいます。

 

体の前側に体重の軸が移ってしまうため、全身のバランスを取るために体の後ろ側の筋肉である背筋や大殿筋を多く使うことになり、必要以上に使われた筋肉が疲労して腰痛を引き起こすことになります。

 

また筋力が弱い人の場合、筋肉によって背骨のバランスをとる事ができず、腰椎に負担がかかり続けることで、腰痛の原因となる腰椎の変形を招くことにもなります。

 

特に30代以降になって太ってきたという人は要注意。

 

若い頃から太っていたという人はそれに応じた筋力や骨格ができていますが、中高年になって太ってきた人は増えた体重に応じた筋力・骨格ができていません。増えた体脂肪の重みが腰回りの筋肉や腰椎に大きな負担をかけることになり、腰痛を招きやすくなるからです。

 

加 齢

老人

 

年齢を重ねるとともに腰痛で悩む人は増加する傾向にあります。

 

普段から良い姿勢を取るように気を付けていても、腰椎には常に上体の重さが加わり続けているので、長い年月の間に腰椎が変形し、それが原因となって腰痛を引き起こすわけですね。

 

また、腰椎を構成する椎骨と椎骨の間には、水分を多く含み、クッションの役割を果たしている椎間板がありますが、年とともに椎間板の水分は減少していきます。椎間板は弾力性を無くして薄くなり、それとともに腰椎全体も変形してきます。

 

さらに、年を取ることで筋力が弱くなってくると、運動不足による筋力の低下と同じメカニズムで腰痛が起こりやすくなります。

 

また、骨密度が低下して『骨粗しょう症』になると圧迫骨折が起こりやすくなり、それが腰の痛みにつながることもあります。

 

ストレス・疲労

ストレスを感じる女性

 

近年、様々な調査研究がおこなわれ、腰痛との関連がわかってきたのが、ストレスや疲労などの心理的・社会的要因です。

 

長く続くストレスや蓄積された疲労があると、自律神経のバランスが乱れます。自律神経は体の様々な働きを調整していますが、これが乱れることで血液の循環が悪くなったり、筋肉が緊張して腰痛を引き起こす原因となるんです。

 

また、ストレスによって脳の機能が制限され、体が痛みを感じやすくなるということも、最近の研究でわかってきています。

 

さらに、腰が痛いことそのものがストレスとなり、それがさらなる腰痛を招き、腰痛を長引かせるという、『腰痛のスパイラル』に陥ることにもなってしまいます。

 

血行不良

厚着の女性

 

筋肉は、血液が運んできた酸素からエネルギーを得て柔軟性を維持しています。

 

ところが、体が冷えて血管が収縮すると血液の循環が悪くなり、酸素を運ぶ量が足りなくなって筋肉が硬くなってしまいます。腰回りの筋肉がこの状態になると、腰痛を起こす原因となるのです。

 

寒い時季に薄着をして体を冷やしたり、夏の冷房の効き過ぎによる体の冷え、また、冷たい飲み物の飲み過ぎや運動不足も血行不良の一因となり、腰痛を招く原因となります。

 

喫煙習慣

喫煙する男性

 

タバコが肺がんや心臓病の原因になるということは周知の事実ですが、腰痛の一因でもあるんです。

 

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があるため、血行不良を招きます。血行不良のところで述べたように、これが筋肉を硬くして、腰痛を引き起こす原因となるのです。

 

体の片側だけに負担

荷物を持つ女性

 

バッグや荷物を持つ時に、いつも同じ側の手に持ったり、肩に下げたりしていませんか?この習慣は腰椎のゆがみを引き起こし、腰痛を招く一因になっているんです。

 

またいつも同じ側の筋肉が緊張しているために筋肉が硬くなり、筋肉疲労から腰痛を招くことにもなってしまいます。

 

やわらかいイス・やわらかい寝具

やわらかいマットレスに寝る人

 

ソファなどの柔らかいイスに腰掛けると、お尻が沈み込んで、膝の位置の方が高くなります。また、背中が丸まるので、背骨の自然なS字状カーブが維持できません。

 

やわらかい寝具も同様で、寝ていて腰が沈み込み過ぎるため、背骨に負担がかかってしまいます。朝の起床時・寝起きに腰が痛いという人は、寝具があっていない可能性があります。

 

⇒『腰痛を改善・予防する生活上のポイント』へ