MENU

腰椎変性すべり症ってどんな病気?

腰椎変性すべり症

 

腰椎は5つの椎骨と椎間板が連なってできていますが、そのうちの一部の椎骨が前後にずれてしまい、神経を圧迫して腰痛や脚のしびれなどの症状を引き起こしている状態が腰椎変性すべり症です。

 

特に第4腰椎が前方にずれて発症することが多く、病気が進行すると脊柱管を圧迫するため、脊柱管狭窄症の症状を伴うようになります。

 

腰椎変性すべり症は中高年に多くみられますが、激しい運動などで腰椎が疲労骨折することで起こる腰椎分離すべり症は、若年層に多く見られます。

原因

腰椎変性すべり症は、加齢によって椎間板や椎骨をつないでいる椎間関節、靭帯などがゆるんでくることによって起こりやすくなります。

 

加齢による要因に悪い姿勢や肥満、腹筋や背筋といった腰回りの筋肉の筋力の低下、長年の腰への負担などが重なることで腰椎がずれてしまいます。

 

また閉経後の女性に多く発症することから、女性ホルモンの減少も発症に関係していると考えられています。

症状

腰椎がずれて不安定な状態になっているため、体を動かすたびにずれている部分の骨が動いて神経を刺激し、腰が痛んだり脚にしびれが起きます。また腰を後ろに反らせると痛みやしびれが強まります。

 

椎骨のずれが大きくなって症状が進むと、脊柱管狭窄症の症状である間欠跛行を生じるようになることもあり、重症になると会陰部のしびれ、排尿・排便障害などが起こってきます。

治し方

病院での治療

腰椎変性すべり症はレントゲン検査やMRI検査を行うことで診断できます。痛みが強い場合はまずは安静をはかり、コルセットを装着して動きを制限することもあります。

 

痛みを抑えるために非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの薬物療法を、痛みやしびれが強い場合には神経ブロックを行うこともあります。また温熱療法で末梢血管の血行を改善し、痛みの改善をはかります。

 

このような保存療法が中心となりますが、症状が改善されず、生活に支障をきたす場合には手術が検討されます。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

自宅での改善・予防法

中腰や前かがみの姿勢で重い荷物を持ち上げる動作は、腰椎のずれを大きくすることになるので避けるようにします。また長時間にわたる立ち姿勢や座り姿勢も避けるようにしましょう。

 

痛みが軽減したら腹筋の強化などの運動療法を行います。ただし、運動の仕方によっては腰椎のずれが増すことがあるので、運動方法は事前に医師と相談のうえで行うようにしましょう。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

加齢や長年の負担により腰椎の一部がずれてしまい、周囲の神経を刺激して腰痛や脚のしびれを引き起こすのが腰椎変性すべり症。
加齢、肥満、筋力の低下、女性ホルモンの減少などが原因。
慢性の腰痛、動くと痛む、腰を後ろに反らせると痛みが増す、症状が進むと間欠跛行、会陰部のしびれ、排泄障害なども見られる。
治療は安静にして保存療法を行うのが基本。
痛みが軽減したら運動療法などを行うが、運動方法の詳細は医師と相談する。日常生活では姿勢や動作などに注意し、腰に負担をかけないようにする。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。