MENU

腰椎椎間板ヘルニアってどんな病気?

腰椎椎間板ヘルニア

 

体のある組織が、本来あるべき位置からはみ出してしまうことを、『ヘルニア』と呼びます。

 

背骨(脊柱)は椎骨という小さな骨の単位が縦に積み重なってできています。その椎骨と椎骨の間にあって、クッションの役割を果たしているのが椎間板です。椎間板の中心部には『髄核』という、弾力に富んだゼリー状の組織があり、その周りを『線維輪』という丈夫な組織が取り囲んでいます。

 

ところが、年をとる事によって髄核の弾力性が低下したり、椎骨に強い圧力が加わったりすることで線維輪から髄核が飛び出すことがあります。

 

髄核が本来あるべき位置からはみ出しているこの状態を椎間板ヘルニアと呼び、腰の骨=腰椎の椎間板で起こるのが腰椎椎間板ヘルニアです。飛び出した髄核がその周囲にある神経を圧迫することで痛みが生じるのです。

 

20〜40歳代という若い世代の腰痛の原因として多いのが椎間板ヘルニアです。

原因

椎間板ヘルニアを引き起こす原因として、加齢という要因があげられます。椎間板の老化は20代から始まります。ゼリー状の髄核の水分が減少して弾力を失ったり、髄核の周囲を取り囲む線維輪に小さな亀裂が生じていきます。

 

このような状態の椎間板に強い運動による負荷がかかったり、中腰で重い荷物を持ち上げる、急に腰をひねるなどの無理な動作をすることでヘルニアが起こるのです。

 

この椎間板の老化は単に加齢によるものというだけではなく、ヘルニアになりやすい体質=先天的な要因もあると考えられています。

 

また前かがみの姿勢で長時間の作業をする仕事、長時間座りっぱなしのデスクワークやパソコンワークをする人に発症することが多く、さらに腰椎を支える背筋や腹筋の筋力低下や肥満、職場・家庭におけるストレスや、喫煙習慣などの危険因子が加わることで発症しやすくなります。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は、腰や脚に出る急性の激しい痛みやしびれです。ヘルニアが坐骨神経につながる神経を圧迫すると、いわゆる『坐骨神経痛』が生じます。坐骨神経が障害されると、腰から太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて強い痛みやしびれが出ます。

 

まれに馬尾という神経の束を圧迫すると、下肢の筋力低下や排尿障害・排便障害という重い症状が現れることがあります。痛みやしびれは前かがみの姿勢や椅子に座った時に強くなります。また動くと痛みが強まり、安静にしていると軽くなる傾向があります。

 

NHK『ためしてガッテン』で行った、30代〜50代の腰痛になりやすい男女15人を対象にした調査では、MRI検査によって2人の人にヘルニアが見つかり、なんと11人がヘルニア予備軍だと判断されました。

 

ところが、ヘルニアが見つかった2人を含め、15人全員に腰痛の自覚症状はなかったということです。この調査結果からは、ヘルニアがあっても、また、ヘルニアが神経を圧迫していても、それだけでは腰痛を感じない人もたくさんいるということが分かります。

治し方

病院での治療

腰痛の他、足の痛みやしびれが続く時、または繰り返して起こるときは腰椎椎間板ヘルニアが疑われるので整形外科を受診しましょう。

 

問診の後、仰向けに寝て膝を伸ばした状態で足を持ち上げ、痛みやしびれが出るかどうかを見る『下肢伸展挙上テスト』が行われます。このテストで腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合にはMRI検査などの画像検査を行い、ヘルニアの場所や状態を特定します。

 

腰椎椎間板ヘルニアと診断されても、両脚に麻痺の症状が出ている場合や、排尿・排便障害がある場合を除いて、通常は保存療法が中心となります。

 

以前は椎間板ヘルニアになった場合は、飛び出した髄核を手術で摘出しないと治らないと考えられていましたが、MRI検査で経過を観察できるようになってから、ヘルニアが自然に吸収される例が多いことが分かってきたため、現在は保存療法が基本になっているのです。

 

非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの薬によって痛みをおさえたり、痛みが治まらない場合には神経ブロック療法も行われます。またコルセットの装着や、患部を温める温熱療法や牽引療法などの理学療法を行いながら3ヶ月程度は経過を観察します。

 

ヘルニアが自然吸収されるのにかかる期間は3ヶ月程度で、その後は痛みやしびれも治まります。

 

治療を続けながら経過観察を続けても痛みやしびれが改善しない場合には、手術を検討することになります。手術ではヘルニア状に飛び出した髄核を取り除くことになります。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

自宅での改善・予防法

痛みがあるときはコルセットで固定し、安静にするのが一番です。横向きになってエビのように背中を丸めた姿勢で寝ると痛みがやわらぎます。痛みが落ち着いてきたら、運動によって腹筋や背筋の筋力アップをはかります。椎間板に負担をかけない水泳や水中歩行もおすすめです。

 

日常生活の中では、前屈姿勢や中腰の姿勢、椅子に座ったまま前かがみになるなど、腰に負担をかける姿勢は避けるように意識します。また急に腰をひねったり中腰で重いものを持つことはやめましょう。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

椎間板の中心部にある髄核が飛び出し、周りの神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こすのを椎間板ヘルニアと呼び、これが腰椎の椎間板で起こるのが腰椎椎間板ヘルニア。

加齢による椎間板の老化、強い運動や負荷、前かがみの姿勢での長時間の仕事、腹筋や背筋の筋力の低下、肥満、ストレス、喫煙などが発症の原因。

症状は腰に激しい痛みが出たり、脚にしびれが出る坐骨神経痛など。動くと痛みが強まり、安静にしていると痛みがやわらぐ。また前かがみの姿勢を取ると痛みが増す。

治療の基本は保存療法。薬やコルセットの着用、理学療法などを行いつつ、MRI検査で経過を観察する。3ヶ月程度でヘルニアが自然に治る場合が多い。

痛みが落ち着いてきたら腹筋や背筋の筋力アップをはかる。前屈や中腰など、腰に負担をかける姿勢は避ける。

スポンサードリンク

関連ページ

腰部脊柱管狭窄症
腰痛の原因として中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症について、どのような病気なのか、病気を引き起こす原因や間欠跛行などの症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。