MENU

腰部脊柱管狭窄症ってどんな病気?

腰部脊柱管狭窄症

 

背骨(脊柱)には『脊柱管』と呼ばれる細長い空洞があり、その中を脊髄や馬尾、神経根といった神経が通っています。何らかの原因で脊柱管が狭くなり、中を通っている神経や周囲の神経根を圧迫することで、痛みやしびれといった症状が現れた状態を脊柱管狭窄症と言います。

 

そして、この脊柱管狭窄症が腰の部分で起こったものを、腰部脊柱管狭窄症と呼んでいます。腰椎椎間板ヘルニアが比較的若い世代にも起こるのに対し、腰部脊柱管狭窄症は中高年に起こりやすい病気です。

原因

脊柱管狭窄症が起こる原因としては、生まれつき脊柱管が狭いことが関連していると言われています。

 

そうした先天的な要因に加えて、変形性脊椎症腰部変性すべり症などが進行したり、加齢に伴って脊柱管の前後にある靭帯が分厚くなったりすることで、脊柱管が狭くなるということが生じてきます。

症状

腰部脊柱管狭窄症の症状は、脊柱管が狭くなることで、どの神経が圧迫されているかによって、大きく3つに分けられます。

 

背骨からでる神経の根本=神経根が圧迫されると、腰からひざの裏にかけて痛みやしびれが出ます。腰を後ろに反らすと脊柱管がより狭くなって痛みが強くなり、逆に前かがみになって腰を丸めると脊柱管が広くなって痛みが軽くなります。

 

脊柱の中にある馬尾が圧迫されると両足のしびれや麻痺が広範囲に現れ、足の脱力感を伴うこともあります。また圧迫が強くなると排尿・排便障害や会陰部のほてり・しびれ、異常な勃起といった症状が起こってきます。

 

さらに神経根の圧迫と馬尾の圧迫の2つが同時に起こるものがあり、症状としては両者が合わさったものになります。

 

どの場合にも共通する症状として、休みながらでないと長い距離が歩けない『間欠跛行』があります。これは歩くことによってさらに脊柱管が狭くなり、神経への圧迫が強まるためです。しゃがんだり座ったりして少し休むと症状が治まるのが特徴です。

治し方

病院での治療

脊柱管狭窄があるかどうかの診断にはエックス線検査やMRI検査を行います。

 

症状が軽度の場合は、非ステロイド性消炎鎮痛薬や血行を促すための血管拡張薬などを使っての薬物療法、痛みがひどい場合には神経ブロックが行われます。

 

またコルセットを装用する装具療法、牽引や温熱療法といった理学療法、筋力トレーニングやストレッチなどの運動療法を併用しながら、3ヶ月程度保存療法で様子を見ます。

 

神経根を圧迫することによって起きている脊柱管狭窄症の症状はこれで治る場合が多いのですが、症状が改善しない場合や、著しい足の麻痺や排尿・排便障害がある場合などは、脊柱管を広げる手術を行うことになります。

 

⇒『病院で腰痛治療』へ

 

自宅での改善・予防法

脊柱管をより狭くすることになる、背中を反らせる姿勢は避けましょう。重い物を持ち上げたり腰をひねったりする動作にも気を付けます。

 

ただし、痛みがあるからと言って過剰に安静にすることは禁物です。姿勢や動作に注意しつつ、適度に体を動かすことが大切です。特に腰回りの筋肉を鍛える運動は効果的です。

 

間欠跛行がある場合は自転車を利用して有酸素運動を行いましょう。また血行不良になると痛みが増すので、入浴によって体を温めましょう。喫煙は血行不良を招くため、禁煙は必須です。

 

⇒『腰痛体操』へ

 

⇒『ツボ押し』へ

 

⇒『日常生活の工夫』へ

 

まとめ

背骨にある脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して、痛みやしびれが出るのを脊柱管狭窄症と呼び、腰部に起こるものを腰部脊柱管狭窄症という。

先天的な脊柱管の狭窄に加え、変形性脊椎症などの進行や、加齢による狭窄などが発症の原因。
腰を反らすと痛みが増し、丸めると軽くなる。間欠跛行などのほか、重症の場合は、排尿・排便障害や会陰部のほてり・しびれ、異常な勃起などがみられる。
症状が軽い場合の治療は、薬やコルセットの装用、理学療法、運動療法などの保存療法が中心。3ヶ月程度で症状が軽減することが多い。
日常生活では姿勢や動作に気を付け、腰回りの筋力アップをはかる。
スポンサードリンク

関連ページ

腰椎椎間板ヘルニア
腰痛の原因として比較的若い世代に多い腰椎椎間板ヘルニアについて、病気の概略、原因、症状、病院での治療、家庭での改善・予防法についてご紹介します。
腰椎椎間板症
中高年の方のいわゆる『慢性腰痛』の原因の多くを占める、腰椎椎間板症について説明します。腰椎椎間板症を引き起こす原因、症状と治療法、家庭での腰痛改善法や予防法についてご紹介します。
腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎骨がずれることで生じる腰椎変性すべり症は、中高年の慢性的な腰痛の原因になります。腰椎変性すべり症の原因や症状、病院での治療法や自宅でのケアなどをご紹介します。
変形性脊椎症
変形性脊椎症は加齢によって起きる背骨の老化現象です。変形性脊椎症が起きる原因、症状、病院での治療や自宅での腰痛改善法などについてご紹介します。
骨粗しょう症
骨粗しょう症は特に閉経後の女性に多い病気です。骨粗しょう症になる原因やその症状、病院での治療や日常生活での運動や食事療法などをご紹介します。
腫瘍/結核
腰痛を引き起こす原因となる病気には、ガンや結核菌の感染など、重大な病気もあります。ここでは脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)について説明します。
坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、腰痛に続いてお尻から太もも・ふくらはぎなど、足の裏側にかけて現れる痛みやしびれのことです。坐骨神経痛を引き起こす原因や症状、治療法、予防・改善法をご紹介します。