MENU

腰痛の改善・予防をサポートするグッズをご紹介します!

ベッド上の女性

 

『歩く、座る、寝る』という動作は、腰痛と深い関係があります。腰痛の改善・予防をサポートする靴、イス、寝具(マットレス)等の選び方をご紹介します。

靴を選ぶ際に最も重要なことは、自分の足に合っているかどうかということです。当たり前のことのようですが、見た目だけで靴を選んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

腰痛ケアのために良い靴とは、かかとをしっかり包み込み、甲がおおわれて足と靴がしっかり固定され、安定感のあるものです。

 

足先には5mm〜1cmのゆとりを持たせ、逆に横幅はやや狭いと感じるくらいが足裏の正しいアーチを保つことができます。

 

よく『ハイヒールは腰痛の原因』と言われますが、ハイヒールを履くだけでは腰痛の要因にはなりません。ただし、長時間ハイヒールを履き続けると、背筋などに負担がかかりやすくなるため、通勤に履く程度なら問題はないと考えましょう。

 

ヒールは、太めで、3〜5cm程度のものが安定していいでしょう。

 

椅 子

長時間のデスクワークなど、イスに座った姿勢で作業することが多い人は、イスの形状も大切です。座面が硬めで、前に5度くらい傾いているものを選びましょう。

 

最近のイスは座面が前傾しているものが多いのですが、そうでないイスの場合は、座面の上に置いて使う傾斜クッションを利用しましょう。

 

傾斜クッションはオフィスのイスで使える以外にも、子どもさんのイス、座椅子、車のシートにも使えます。

 

寝 具

やわらかい寝具は、仰向けに寝た時にお尻の部分が沈み込み、背骨の自然なS字状カーブが失われてしまいます。また、寝返りが打ちにくいため、同じ姿勢を長く続けることで血行が悪くなり、筋肉の緊張も強まるため、腰痛以外にも良くありません。

 

寝具は高反発マットレスなどの、適度な硬さのあるものが、腰痛の改善・予防のためには効果的です。

 

『高反発マットレスランキング』

スポンサードリンク

関連ページ

生活上のポイント
腰痛の改善・予防のために日常生活の中で注意すべき、正しい姿勢、歩き方や座り方、家事を行う時の注意点、荷物の持ち方、寝る時の姿勢など、生活上のポイントをご紹介します。
腰への負担が大きい職業
長時間のデスクワークや長時間の立ち仕事、タクシードライバーや長期離ドライバー、運送業者、農業従事者、介護職・看護職等の、腰への負担がおおきい職業で、腰痛を改善・予防するポイントをご紹介します。
肥満解消
腰痛を引き起こす大きな原因のひとつである肥満を解消して腰痛を改善・予防しましょう。肥満を解消するための生活上のポイント、食生活のポイントをご紹介します。
ストレス解消
ストレスが腰痛の原因になることが、近年の研究で明らかになってきています。ストレスを上手に解消して、腰痛を改善・予防しましょう。