MENU

腰痛体操で腰痛を改善・予防しよう!

腰痛体操

 

以前は、腰痛は安静にするのが第一と言われていましたが、現在では痛みが強い急性期をのぞいて、適度に体を動かした方が腰痛の改善・予防には効果があることが分かっています。

 

特に腰痛の85%をしめると言われている『非特異的腰痛』、すなわち、関節や骨などに腰痛の原因となる明らかな病気が認められない、いわゆる『腰痛症』の場合には、特に運動することがすすめられています。

 

腰痛を改善・予防する腰痛体操には次のようなものがあります。

 

腰痛ストレッチ…腰回りの筋肉や関節を伸ばし、やわらかくする。
筋力トレーニング…腹筋、背筋、腹斜筋、大殿筋など、腰を支えている筋肉を鍛える。
ウォーキング…上記の筋肉を鍛えるほか、有酸素運動にもなる全身運動。

 

腰回りの筋肉を強化することは、身体の中に自前の“コルセット”を作ることと同じです。まずはストレッチから始め、散歩程度のウォーキングをプラス。徐々に筋力トレーニングを取り入れていきましょう。

 

こんな時は運動はやめておきましょう

強い痛みがある、患部が熱を持っている、腰を動かすと痛いなど、腰痛の急性期の症状がある時

お尻から足裏にかけて痛みやしびれがある時

安静にしていても痛みがある時

風邪をひいたり疲れたりして体調が万全でない時

 

現在、医療機関で治療中の人、また、高血圧や心臓病のある人は医師に相談しましょう。

腰痛体操 記事一覧

腰痛で硬くなっている筋肉をストレッチでゆっくりと伸ばし、血行を良くして筋肉をやわらかくしましょう。ストレッチを行うに際してのルール急性期の腰痛の症状がある時は控える。どの筋肉を伸ばしているのかを意識しながら、1回に30秒程度かけてゆっくり伸ばす。伸ばすのは気持ちがいいと感じる程度。痛くなるまではやらない。息は止めずに自然に呼吸する。入浴の後に行うとさらに効果的。最低1日1回、1日に何回行ってもOK...

筋力トレーニングで腹筋、背筋、腹斜筋、大殿筋を鍛え、腰痛を改善・予防しましょう。腹筋を鍛える筋力トレーニング腹筋を鍛えて腹圧を高め、おなかに自前のコルセットを作りましょう。正しい姿勢を維持することが腰痛の改善・予防につながります。腹筋運動を行う際は、必ず両膝をまげて行います。@仰向けに寝て両膝を立てます。(膝の間隔は10cm〜腰幅程度)A膝を触るように両手を伸ばし、息を吐きながら6秒かけて上体を起...

ウォーキングは、大殿筋をはじめ、腹筋や腹斜筋・背筋など、腰痛の改善・予防のために効果のある筋肉群を総合的に鍛えられる、理想的な腰痛体操です。運動の苦手な人、体力のない人でもすぐに始められ、自分のペースで取り組むことができるのも大きな利点ですね。また、ウォーキングは、酸素を取り入れながらの全身運動=有酸素運動なので、腰痛の原因のひとつである肥満解消にも最適です。現代人に腰痛が多い理由の一つに、運動不...