MENU

腰痛治療で病院から処方される薬

薬

 

腰痛で病院を受診し、問診や検査を経て診断が確定して医学的な治療が必要となる場合には、病院での治療が行われることになります。

 

重大な神経障害(排泄障害等)がある場合などを除き、通常は薬を用いた薬物療法、運動や牽引・温熱療法などの理学療法、注射による神経ブロック療法などを行います。病院で薬物療法として用いられる腰痛治療の薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)

NSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる、痛みを抑える薬です。痛みの原因物質であるプロスタグランディンの生成を抑える効果があり、炎症を抑えて痛みを沈める作用があります。

 

薬の形状(剤形)には内服薬、貼付薬(湿布)、塗り薬、坐薬などがあり、なじみのあるところではボルタレン、リリカなどがあげられます。

 

副作用として胃痛や吐き気、腎機能障害、肝機能障害が見られますが、内服薬で胃の調子が悪くなったような場合には、同じ効果を持つ坐薬を処方してもらうなどもできます。

筋弛緩薬

痛みのために緊張している筋肉を和らげ、血流を回復します。中枢性筋弛緩薬と末梢性筋弛緩薬がありますが、腰痛治療として処方されるのは、通常、前者が消炎鎮痛薬とともに処方されます。

 

剤形は内服薬。副作用としてめまいや眠気などが見られることがあります。

ビタミンB12

神経の回復を促し、しびれを改善します。内服薬で食欲不振、吐き気などの副作用が見られることがあります。

外用薬

消炎鎮痛成分が皮膚から吸収される湿布、軟膏(塗り薬)、坐薬などです。

 

薬を処方してもらう際の注意点

薬

 

市販薬を含め、現在、服用している薬がある場合は、必ず医師に伝えるようにします。特に外用薬の場合は内服薬との併用は関係ないと思いがちですが、薬の成分が胃や腸から吸収されるか、皮膚を通して体内に吸収されるかの違いだけですので、必ず服用している薬は伝えるようにしましょう。

 

また決められた用法・用量を守り、服用後に気になる症状が現れた場合はすぐに服用をやめ、医師と相談しましょう。我慢して飲み続けないことが重要です。

 

服用後に痛みがおさまった時も、自分の判断で勝手に服用を中止するのはNG。この場合も医師に状態を伝え、判断をあおぐようにしましょう。

 

薬局などで購入できる腰痛の薬(痛み止め)

湿布

 

薬局などで購入できる市販の腰痛治療薬としては、消炎鎮痛効果を持つ飲み薬、貼り薬(湿布)が主となります。

 

飲み薬は用法・用量を守り、胃腸などに気になる症状が現れた場合は、すぐに中止して薬剤師に相談しましょう。また他の病気で飲んでいる薬がある場合も、必ず事前に薬剤師に確認しましょう。

 

腰の痛みに1日1回飲んで効く「リョウシンJV錠(医薬品)」

 

腰痛に飲んで効く医薬品『グルコンEX錠プラス』

 

貼り薬(湿布)には冷湿布と温湿布がありますが、急性期の強い痛みには冷湿布を、慢性期の重だるい痛みには温湿布を使うのが基本です。

 

これらの市販薬で痛みを抑えながら様子を見て、改善が見られない場合には早めに病院を受診しましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

受診科とタイミング
腰痛がある場合、病院に行くべきかどうかの判断にはどんな目安があるのでしょうか。また腰痛で病院にかかる場合、何科を受診すればよいのでしょうか。
神経ブロック療法(注射)
注射によって腰痛の痛みをとる神経ブロック療法についてご紹介します。薬物療法や理学療法などでも痛みが軽減されない場合に神経ブロック療法が検討されます。
コルセット
強い腰痛がある時など、物理療法のひとつとしてコルセットを装着することがあります。腰痛コルセットの効果や種類、価格等をご紹介します。
腰痛の手術
腰痛の原因となる病気(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症等)に対する手術にはどのようなものがあるのかご紹介します。