MENU

注射で腰痛の痛みをとる神経ブロック療法とは?

神経ブロック注射

 

病院での薬物療法や理学療法などでも腰痛が軽減されない場合に検討されるのが、注射によって腰の痛みをとる神経ブロック療法です。痛みの元となっている神経やその周囲、関節・筋肉などに直接、薬を注射するので、痛みの緩和に強い効果が期待されます。

 

注射に使う薬は局所麻酔薬やステロイド剤(副腎皮質ホルモン)などで、通常、局所麻酔薬の効果は数時間から数日で切れますが、その効果が保たれて、1〜2週間は痛みが軽い状態が続きます。

 

効果の現れや持続時間には個人差がありますが、一般的には、効果が1週間から2週間は続くことから、週1回から週2回のペースで治療を行います。

神経ブロック療法の種類

経ブロック注射

 

神経ブロック療法には、腰痛の原因となっている病気の種類や症状の程度などによって、以下のような種類があります。

硬膜外ブロック

背骨に沿って走る脊髄神経の周囲に薬を注入して痛みをブロックします。背中側から注射の針を入れ、背骨の隙間から脊柱管の中まで進め、脊髄神経を覆っている硬膜の外側(硬膜外腔)に局所麻酔薬やステロイド剤を注入します。

 

神経の通り道に薬が入るので、広範囲にわたって痛みを緩和することが見込まれます。脊椎や椎間板、神経に原因がある腰痛全般に用いられます。

神経根ブロック

腰椎椎間板ヘルニアで神経根が圧迫されて痛みが生じている場合に、その痛みのもととなる神経根に直接、局所麻酔薬を注入します。

 

神経根に直接注射するため、その神経根が支配している痛みの範囲に高い効果が見込まれます。

椎間関節ブロック

痛みが生じている部分に近い椎間関節に局所麻酔薬やステロイド剤を注射し、炎症を抑えて痛みを鎮めます。

 

ぎっくり腰などで痛みのある部位がはっきりしている場合や、安静時は痛みがなく、動くと痛みが出るような、関節が原因の腰痛に用いられます。

腹部交感神経節ブロック

第1腰椎と第2腰椎の位置にある交感神経節に薬を注入して痛みを抑えます。脊柱管狭窄症などで馬尾神経が障害されて、下肢に痛みやしびれがある場合に用いられます。

トリガーポイント注射

トリガーポイントというのは、筋肉が硬くなるなどが原因で、皮膚の上から押した時に痛みを感じる『圧痛点』のことを言います。トリガーポイントに局所麻酔薬やステロイド剤を注入して痛みを軽減するのがトリガーポイント注射、またはトリガーポイントブロックです。

 

他の神経ブロック療法に比べ、普通の注射の要領と同じでリスクが少なく、比較的多く行われる神経ブロック療法です。

スポンサードリンク

関連ページ

受診科とタイミング
腰痛がある場合、病院に行くべきかどうかの判断にはどんな目安があるのでしょうか。また腰痛で病院にかかる場合、何科を受診すればよいのでしょうか。
腰痛治療の薬
腰痛で病院を受診したときに処方される痛み止めの薬や湿布は、どのようなもので、どのような効果や副作用があるのでしょうか。また薬局で購入できる市販薬にはどのようなものがあるのでしょうか。
コルセット
強い腰痛がある時など、物理療法のひとつとしてコルセットを装着することがあります。腰痛コルセットの効果や種類、価格等をご紹介します。
腰痛の手術
腰痛の原因となる病気(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症等)に対する手術にはどのようなものがあるのかご紹介します。